白髪を治す|諦めるのはまだ早い!白髪を治すための3つのポイント!

白髪博士の管理人があなたの白髪の悩みを解決します。

白髪を抜いたら病気になる?

 

白髪を見つけたら抜いていませんか?

 

        f:id:LUCIA001:20151127123533j:plain

 

白髪を抜くと、白髪が増えるという迷信があります。

あなたは、抜いてしまうとどんなことが起こるか知っていますか?

 

 

 


白髪を抜くことで病気になる可能性があります。


どんな病気になるか詳しくお話します。

 

目次
1.髪を抜くとなにが起きる?
2.毛嚢炎ってなに?
3.白髪を抜かないでできること

 

 

1日の自然脱毛数は50~80本程度もありますので、自分で抜いてしまうとその分髪が薄くなってしまうことがあります。
抜いても白髪は増えませんが、確実に頭皮を痛め最悪髪が薄くなりハゲてしまうので絶対にやめましょう。

 

白髪を抜くと何が起こる?

白髪を無理に抜くことで毛穴周辺の皮膚や毛細血管が傷つきます。

傷つくことで頭皮が炎症を起こし毛嚢炎(もうのうえん)などの皮膚の病気を起こす場合があります。

また、傷つけたことで同じ毛穴から髪が生えてこないなどのトラブルが起きます。

 

「毛嚢炎の写真」

f:id:LUCIA001:20150704133805j:plain


引用:第一三共ヘルスケア

 

2.毛嚢炎って何?

ニキビだと思っていたら毛嚢炎だった!というケースはよくあります。

特に白髪を抜いて毛嚢炎になった場合、
頭皮は汗をかきやすく悪化しやすいため対策を知っておきましょう。

もちろん、すでに抜いて毛嚢炎になってしまった人のための対策です。



 

2-1.毛嚢炎とニキビは違う

毛嚢炎は、普段は汗のかきやすい部分に多くできます。

だいたいは小さく赤いブツブツで一見ニキビと同じように見えます。

ニキビなどは軟膏を塗ったり、
顔だったら洗顔して綺麗な状態を保つことで治ることが一般的ですが、

毛嚢炎の場合深刻になると発熱や痛みを伴うことがあるので自然治癒を待たずにお医者さんへ行くことをおすすめします。

 

2-2.毛嚢炎の症状

・にきびのように突起状になった腫れがある
・白い膿の真ん中が黒い
・発熱した、痛みを感じる


頭皮にできたニキビというのは毛嚢炎の可能性が高いので迷わず皮膚科に行きましょう。

そこで、ニキビですと診断されたら良かったと思いましょう。

 

 

3.白髪を抜かないでできること

今すぐにどうにかしたい!という意味でのできることはよく言われていることですが

染めることです。

短く切るということも手段の一つではありますが、
1本1本を短く切るという作業を続けていると
面倒になり白髪を抜いてしまいがちです。

 

毎回カラーをするのに抵抗があるというのは私もよくわかります。


染める=頭皮にダメージというのは一般的なことでしょう。


そこで私が実際に使ったのは、
普段は自然素材が成分のヘアカラーを使って自宅染めです。

 

 

●天然素材のヘアカラーについて詳しく知りたい!